産後に乳首の色はピンクに戻る?妊娠で乳首や乳輪が黒くなる原因

投稿日:

妊娠をした女性の多くは乳首や乳輪の色が黒くなってしまいます。

乳首が黒い女性は経験人数が多いとも言われており、産後には元のピンク色に戻るのではと心配になるものです。

妊娠をすると薄毛、脂肪の増加、肌の乾燥、かゆみ、妊娠線、正中線と様々なトラブルが起きますが、多くは出産をして時間が経てば元に戻ります。

乳首の色も元のピンクに戻ることはあります。ただ、そのままの色になってしまう女性も少なくはありません。

ここでは産後の乳首の色は戻るのか心配している人へ、どんな人は美白ケアをした方が良いのかをなぜ黒くなる原因から詳しく解説をしています。

産後に乳首の色がピンクに戻る理由

もともと乳首の色は生まれたままずっとそのままではありません。色が黒い女性は刺激によって、メラニンが生成され皮膚に色素沈着をしている為です。

妊娠をするとホルモンバランスの乱れや生活習慣の悪化から、肌が乾燥をしてバリア機能が低下をします。そのため、刺激が伝わりやすく色が黒くなりやすいです。

しかし、出産をした産後はだんだんと元の日常生活と同じように戻ってきます。そのため、肌のターンオーバーの働きによって、色素沈着をした古い皮膚を排出し、新しい皮膚を作りだします。

そのため、産後は乳首の色がピンクに戻る人は一定数います。

産後も乳首の色が黒いままになってしまう人

産後に関しても乳首の色が黒いままになってしまう人も多いです。出産をしても赤ちゃんの世話や寝不足、ストレスと様々な肌に悪い習慣が続きます。

そのため、産後も乳首に黒ずみができたままで、色が黒いままになってしまう人もいるのですね。

肌は生活習慣の部分も関係をしているので、結果的にどんな人だと黒いままになるのかの明確な物はありません。

そのため、乳首の色が黒いままが嫌だって人は美白ケアをしている人が多いです。また、妊娠にかかわる黒ずみの特殊な原因も関係をしています。

妊娠をすると乳首の黒ずみができる原因

妊娠をすると乳首に黒ずみができる人は多いですが、原因は一般的な内容とそれ以外のひとつの項目があります。

黒ずみができる原因として解明しているのは、乾燥をした状態で肌に与えられた刺激によって作られたメラニンが皮膚に付着をしていることです。

そのため、ホルモンバランスや生活習慣が悪化をして、乾燥をしやすくバリア機能も低下をしたやすい妊娠した女性は黒ずみができやすくなっています。

しかし、もうひとつの特殊な原因があります。

赤ちゃんが授乳をしやすくする為に色を黒くする

生まれたばかりの赤ちゃんは目の機能が大人と比べて発達をしていません。そのため、はっきりと物を判断することができません。

そのことにより大きく影響をするのが、赤ちゃんの授乳です。

赤ちゃんが授乳をしやすくする為に、からだが乳首の色を黒くするようにしているとも言われています。色を黒くすることで赤ちゃんの目でも、授乳をする位置が分かるように変化をしているのですね。

都市伝説的な話ではなく、多くの人がこの説を上げています。

産後の乳首の美白ケア

産後の乳首の美白ケアと言っても、もともと色が黒くて悩んでいる人達と大きく変わる訳ではありません。

  • 黒ずみクリームでのケア
  • 生活習慣の改善
  • ブラジャーを清潔なのを使う

詳しい黒ずみの原因は『乳首の黒ずみを美白して黒いのを解消』で解説をしていますが、肌に刺激を与えずに美白ケアをしていくことです。

ただ、顔に比べて紫外線対策などとは違って、保湿と美白をしながら肌に刺激を与えないことです。

黒ずみを美白するクリームは使用の際に注意をする

産後の女性に限り乳首の黒ずみを美白するクリームを使う際には注意をしなければならないことがあります。

それは授乳をしている女性は赤ちゃんの口に成分が入ってしまうことがある為です。

そのため、乳首の黒ずみクリームを美白する為に使う際は、必ず産後も使えるものなのかを確認するようにしましょう。

通販サイトではなく、公式のサイトなどであれば、その点も明記されていたりします。授乳をしている女性は必ず注意をするようにしましょう。

-乳首の黒ずみについて

Copyright© 乳首の黒ずみを美白して黒いのを解消【乳首の黒ずみとさよなら】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.