乳首の黒ずみとさよなら

乳首の黒ずみとさようなら

20代や30代の女性の大きな悩みが乳首が黒いことです。最近だと黒ずみクリームで美白をする人はたくさんいます。

この乳首や乳輪の色が黒くなる原因は刺激が関係をしています。よく言われるのが男性経験が多いと黒ずみができるってことです。

しかし、実際は未経験の女性であろうと黒乳首に悩まされてしまう人も多いです。ただ、そのような事実があったとしても、男性からしたら関係ありません。

「乳首が黒い女とは真剣に付き合えないと言われた!」

「彼氏に今までに何人と付き合ったのか聞かれることが多い!」

「乳首の黒ずみが原因で別れることになった」

このような経験をしている女性も多いです。そもそも男性だけでなく女性でさえ、乳首の色と経験人数が関係をしていると考えている人もいます。

「乳首の黒ずみとさよなら」では美白ケアの仕方や実際に使った黒ずみクリームまで紹介をしています。

乳首が黒いのを本気でどうにかしたい人は参考になるはずです。

乳首の黒ずみを美白する方法

乳首の黒ずみを美白する方法としてはいくつか種類があります。

黒ずみを美白する方法

  1. 黒ずみクリーム
  2. ヨーグルトのホエイ(乳精)
  3. ハイドロキノン・トレチノイン
  4. 美容皮膚科でレーザー治療

ヨーグルトのホエイは一時期TVで紹介されたこともあり、実践する人が増えました。しかし、実際の効果を感じたのような口コミはなく、期待ができない方法があります。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるのですが、濃度が濃いのは薬局では市販されていません。リスクがあるので、店頭販売はされないです。

乳首が黒いのを解消したいならおすすめは黒ずみクリーム

私自身も使ったことがあり、おすすめでもあるのが黒ずみクリームを使った美白ケアです。

もともと、陰部や乳首のようなデリケートな部分に使われるように作られており、できるだけ肌に優しいを考えて作られた美白クリームです。

顔用の美白化粧品とは違い、ハイドロキノンやトレチノインのような、刺激の強いのが含まれていないのが特徴で、バストに使えるようになっています。顔用の美白化粧品でケアをしない理由としては、刺激を与えると色が黒くなる原因になります。

実際に使ってみて効果を感じれた人も多く、ネットでは乳首ピンククリームなどで紹介がされていることもあります。

おすすめの乳首の黒ずみを美白するクリームランキング

乳首の黒ずみを美白するクリームは、口コミで評判の良いのを実際に使っています。おすすめのをランキングで紹介しています。

人気の黒ずみクリームの選び方としては、美白・低刺激の2つがポイントです。

乳首ピンククリームと呼ばれるパウダーを付着させ、一時的に色を変化させるのではなく、黒ずみを美白するクリームがおすすめです。

イビサクリーム

イビサクリームの写真

脱毛サロンの「ibiza」監修により作られたのがイビサクリームです。

黒ずみに悩まされやすく、低刺激に気お付ける部位が乳首と陰部です。

両方に使えるように特に低刺激な成分を考えて作られています。

様々な口コミサイトで高評価を受けており、雑誌にも掲載されているので、乳首や陰部の黒ずみを美白するクリームと言えば、イビサクリームを思い浮かべる人もいます。

どの黒ずみクリームを使えば良いか分からないって人は、イビサクリームは評判はよく、価格も安いのでおすすめすることができます。また、乳首だけでなく陰部の黒ずみも気になるって人にもおすすめです。

価格
4,970円
送料無料
特徴
脱毛サロン監修

【実際に使用】イビサクリーム口コミ!効果や悪い口コミまでレビュー

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアムの写真

累計で30万本を突破しており、雑誌・TVにも掲載がされたのが「ホワイトラグジュアリープレミアム」です。

全身に使えることができますが、特に乳首が黒いのを美白したいって人に人気があります。

少し前に中身はそのままでパッケージだけリニューアルされました。私が使っていた時はリニューアル前ですが、プッシュタイプで少し使いづらさがありました。

そのため、新しくクリームが出やすいようにパッケージが変わっています。浸透力の違うビタミンが角質層から基底層まで、それぞれが浸透をするようになっています。

価格
5,980円
送料無料
特徴
TVでも紹介

ホワイトラグジュアリープレミアム の詳細(amazon)

クレアフォート

クレアフォートの写真

乳首に使える黒ずみクリームの中でも特に脇にも人気があるのがクレアフォートです。

脇・乳首・肘と全身に使えるようになっています。

2016年度にはわきの黒ずみ対策ランキングで人気度や信頼度で1位を獲得しています。

乳首だけでなく、脇や肘の黒ずみも気になるって人であれば、クレアフォートがおすすめです。

価格
4,960円
送料無料
特徴
脇の黒ずみに特に人気

乳首の黒ずみクリームは陰部や全身の美白に使える

黒ずみの原因が刺激なので、クリームの多くは肌に優しい成分を考えて、配合がされています。

そのため、乳首に使うことができるのは、全身に使うことができます。黒ずみができやすい部位はいくつかあり、同じくバストと同じように乾燥をしていると、あったりする女性も多いです。

  • 陰部(デリケートゾーン)
  • 脇の下

黒ずみクリームは決して安いものではありません。そのため、他にも気になる部位があるなら、一緒に使っていくとコスパを抑えられるので、安くケアをすることができます。

特に陰部の黒ずみに悩む女性は多く、バストと同じように男性の印象で色が黒いと最悪な部位でもあります。

但し、陰部はデリケートゾーンと呼ばれ他の部位と比べて、注意をしなければならないこともあります。

案外気づいてないのが「口周りの黒ずみ」

黒ずみの中でも案外気づいていないのが「口周り」です。

唇付近の乾燥をするからリップクリームを使って保湿をしている人は多いです。しかし、日常的に乾燥をすることが多く、口周りは紫外線を浴びやすい部位でもあります。

そのため、口周りの黒ずみとしてシミのように黒くなってしまっている人は多いです。ひどいとヒゲのような感じになりますが、ここまでひどくなってからヤバいと感じることも多く、早めにケアをしていくのが大切です。

乳首の黒ずみを美白ケアしていく時は、全身にクリームは使えるのが多いので、口周りも問題ないかチェックをしておくようにしましょう。

もしも、色が黒いかもと思った人は下記のサイトで詳しく解説がされているので、ご覧になっておくのをおすすめします。

口周りの黒ずみ

乳首の黒ずみの原因とは?

乳首の美白を成功させる為には黒ずみの原因を解消することが大切です。そもそも色が黒いのはメラニンの色素沈着です。

肌は刺激を与えるとメラノサイトにて、メラニンが生成され守る働きをしています。しかし、メラニンは色素を持っているので、乳首の皮膚に付着をすることで黒い色に見えてしまいます。

乳首の黒ずみの原因

  • ブラジャーや衣服の摩擦
  • 乾燥によるバリア機能の低下
  • 雑菌による刺激
  • 生活習慣による肌機能の低下

皮膚は乾燥をするとバリア機能が失われてしまい、刺激から守ることができません。そのため、乾燥をした状態で乳首へ加えられた刺激が、黒ずみの原因となります。

男性経験が多ければ人によっては、バストに刺激を与えることはあります。ただ、必ずしもそれのせいで色が黒い原因ではありません。

美白に成功するには黒ずみの原因を解消する

乳首に黒ずみクリームを使って美白をしても成功をする人もいれば、効果がない人もいます。美白クリームは黒ずみを除去する訳ではありません。

「美白」とは、メラニンの過剰生成を抑制し、肌にメラニンを 溜めこまずにスムーズに排出する手助けをする化粧品です

引用元:最新の美白ケアを知りましょう - 資生堂

ようするに黒ずみの原因となっている、メラニンを作りづらくするのですね。そして、色素沈着した古い皮膚を排出し、新しい皮膚を作りだす肌機能の働きを促進させる保湿・美容成分が化粧品には含まれます。

あくまでメラニンを作れないではなく、作りづらくするのが美白成分です。そのため、黒ずみの原因を解消しなければ、黒乳首をワントーン明るくする、美白を成功することはできません。

ブラジャーは清潔のを使い雑菌を防ぎ、からだを洗う時はベビー石鹸のような肌に優しいのを使いましょう。

乳首が黒い原因を解消しながら美白できるのが黒ずみクリーム

固定ページを表示

乳首の黒ずみクリームの特徴は3種類です。

  • 美白成分を配合
  • 保湿・美容成分を配合
  • 肌に優しい成分

できるだけ肌に優しい成分を配合して、刺激を与えないようにしながら、メラニンの生成を抑制して、ターンオーバーを促すのが黒ずみクリームです。

乳首の黒ずみの原因が乾燥をした状態での刺激となるので、原因を解消しながら美白できるのが黒ずみクリームなのですね。

そのため、肌の漂白剤とも呼ばれ顔用の美白化粧品に配合されることの多い、ハイドロキノンなどは、私の知る限りは配合されているのが無いです。

乳首を美白する成分!ハイドロキノンとトレチノイン

顔用の美白化粧品に含まれることが多く、肌の漂白剤とも呼ばれるのが、ハイドロキノンです。これにトレチノインの2つを使った方法があります。。

美容皮膚科のレーザーだと治療費が高額になるので、これらの濃度の高い薬を使って自宅でケアをしていく人もいます。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われているように、効果が非常に高い成分でも知られます。この濃度が高いのを病院などで処方をして貰って、治療をしていきます。

ただ、ひどい症状になって後悔をする人いるので、おすすめすることができません。

ハイドロキノンとトレチノインのリスク

ハイドロキノンやトレチノインは肌への刺激が強いことでも知られます。顔用の美白化粧品に含まれていることはあるものの、それは限りなく少量であり濃度が薄くなっています。

この2つを乳首や乳輪に付けることによるリスクは4つあります。

  1. 乳首の色がドス黒くなる
  2. 効果がありすぎて白くなる
  3. 乳輪が大きくなる
  4. 肌が荒れる

あまりにも効果がありすぎて、ピンクでも肌色でもなく、真っ白になることがあります。また、一部分だけ白くなる白斑と呼ばれる症状もあります。

また、もともと乳首の黒ずみの原因は刺激によって生成される、メラニンの色素沈着です。そのため、色が更に黒くなってしまったり、人によっては乳輪が大きくなることもあります。

ハイドロキノンやトレチノインを使えば、必ずと言って良いほど、肌が荒れたり赤くなったりします。それだけ刺激が強い成分でもあるのですね。

乳首を美白したいならクリームかレーザー

ヨーグルトのホエイを使った方法も流行ったことがあるものの、効果を期待をすることはできません。

そのため、乳首を美白したいって人の多くいはクリームかレーザーの中から選択をしている人がほとんどす。

この中でも即効性が最も期待できるのは、ハイドロキノンを使った方法です。しかし、乳輪が大きくなったり、白斑になるとどうしようもすることができなくなってしまいます。

そのため、おすすめすることはできません。高額な治療費が払えるのであれば、レーザーを検討してみるのもひとつの手ではあります。

ただ、まずは黒ずみクリームで美白をして、それでも効き目を感じれないようであれば、最終手段としてレーザーなどの高額な治療費をかかる方法を検討することです。

オロナインは黒ずみに効果がない

質問掲示板などでたまに見かけることがあるのが、オロナインを使った美白です。オロナインにはそんな効果は無いので、騙されないように気お付けてください。

オロナインを乳首や乳輪に使うと、乳首の開発ができるって話があります。そのため、いたづら目的でこのように回答をしている人も見受けられます。

オロナイン軟膏の効果は抗炎症作用と抗菌作用の2つです。乳首の黒ずみを美白する効果は全くないので、騙されないように気お付けましょう。

おすすめは黒ずみクリームで美白していく方法

まずは乳首の黒ずみクリームで美白をしていく方法がおすすめです。

黒ずみの原因となるのは肌へ与えられた刺激で作られた、メラニンが色素沈着をすることです。特に肌が乾燥をしているとバリア機能が低下をし、刺激が伝わりやすくなっています。

そのため、いくら黒ずみクリームを使ったとしても、全ての人が効果を実感でき、美白に成功する訳ではありません。

そもそもの原因を与え続けていれば、美白ケアをしても悪化をすることだって当然あります。

どうしてもクリームで美白をしてみても、効果が感じれない状態になって、レーザーでの治療を検討してみてはいかがでしょうか?

更新日:

Copyright© 乳首の黒ずみを美白して黒いのを解消【乳首の黒ずみとさよなら】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.